X-Overd レビュー

この作品のウリ―――
それは男女両方に存在するキャライベント及び街会話だろう
―――とは筆者談。実際の所はどうなのだろうか
http://www.xoverd.jp/

(画像無しレビュー)

X-Overd クロスオーバードとは。
「エグゼクティブ・プロデューサー」
彼の人が「Lord of Walkure」と同じであり、少々近い部分も存在する
ジャンルが「戦略シミュレーション」となっており、基本イベントはともかく
やりこみ要素的な物は結構強化及び考える必要がある

ストーリー・世界観

ざっくり言うと。
異世界の扉が開き、エビルモンスターやら人間が流入してくるようになったので
調査及び封印をするため、主人公は飛空艇”ノア”の艦長となり、世界中を飛び回る事となる

システム
各キャラには複数ジョブがあり、ベースレベルとは別にジョブレベルがある
一部キャラスペックに作用するアビリティはあるが、基本切り替えで使える技が変わるタイプ。
ジョブシステム―――ファイナルファンタジーを想像すれば分かりやすいか。
イベントやガチャは、このジョブを複数入手し、限界突破していくタイプが基本となる

キャラクター数は現在、男性15(+オネエ1)・女性52。

さて、この作品のウリと筆者が勝手に言っている街会話及びキャライベントであるが
これはベースレベルの上昇によって開放されていく。ジョブはなんでもいい
一般イベントは汎用ボイスのみであるが、
街会話及びR18なイベントはフルボイス

街会話は レベルが 1~19・20~34・35~49・50 の4段階、各5種の計20会話がある
回想等は無いので、段階を上げてしまうと過去の物は見れなくなる
こちらは男女共にフルボイス。ただし主人公―――”艦長”には文が無いのが残念
逃した場合でも、Wikiにはセリフ集が存在する。ボイスはどうしようもないが。

イベント限定ジョブによるイベントがあり、ジョブレベルが
“最大限界突破数の半分での最大レベル”で開放となる
具体的には、Rは9枚、SRは7枚、SSRは4枚入手し、最大レベルまで上げればよい
限定ジョブイベントは、一般版独自の物が無い。つまりはそう言う事だ
その為男性キャラにジョブイベントは存在しない。

問題はこのレベルだ。とにかく上がり切るのに時間が掛かり
戦闘は5キャラ参加、参加者に経験値が入るのだが、引率のことも考えて・・・
ベースレベルは、一月で3人を最大レベルに出来る、程度だろうか
ジョブレベルはそれよりは早いが、時間が掛かることに変わりは無い
操作時間こそ少ないものの、この点が特に目立つ欠点だろう

シナリオ
あまり評判はよろしくないように見える
メインストーリーは中核をなすキャラが居ないので、イマイチ乗れない
イベントシナリオは、かなりおちゃらけているがそれはともかく、少々パンチが弱い
また、パロ多めなこともある(あった)為、その辺も評判がよろしくない一因となっている

ガチャ

最大まで限界突破したジョブが当選した場合、使った分が返却される
漢ガチャ・・・ゲーム内入手アイテム”シャード”で回せる。名の通り男性キャラのみ
レアガチャ・・・基本ジョブが入っている。
武器ガチャ・・・名の通り武器のみ。
上に書いた通り、ベースレベルを上げるだけでキャライベントが見れるので
ガチャは基本的に持ってない新キャラを入手する手段となる。
その為、このゲームちょっと収益やばいんじゃないかと思ってしまう訳だが。

最近はイベントジョブが入ったガチャが存在する。
・・・後は取り立てて記載する事がない


ボイス・・・汎用ボイス+特別イベントはフルボイス
スタッフ公開・・・イラスト、ボイス共にあり
主人公絵・・・なし
サービス終了度・・・少々雰囲気が怪しいが、ランキングは20以内が基本

総評 40点
遊べる度・・・・・・・・・☆☆
シナリオ・・・・・・・・・☆☆
キャラクター・・・・・・・☆☆☆☆
システム・・・・・・・・・☆☆☆
時間の取られなさ・・☆☆
主人公の存在感・・・☆☆

デモムービーがyoutubeに公開されている

X-Overd (クロスオーバード) オープニングムービー

コメント